【代官山蚤の市】〜蚤の市(フリーマーケット)へ行こう!

代官山蚤の市アイキャッチ

代官山蚤の市に初めて行って来ました。

代官山蚤の市は、TSUTAYAで開かれている蚤の市で、岡山や函館など各地で開催されている様です。

以前、二子玉川で開催された時には行った事があるのですが、コロナの感染拡大予防のため開催が見送られています。

代官山のTSUTAYAで開催されると言うので行ってみました。

代官山の蚤の市はフランスのパリをテーマにしているとの事で、オシャレで素敵なアンティークが見つかるのではないかと期待が高まります。

 

スポンサーリンク

 

 

代官山蚤の市 会場の様子

代官山蚤の市入り口フランスなので、風船がトリコロールで可愛い

代官山蚤の市案内図会場内の案内図

 

代官山の駅からは徒歩5分くらいですが、駅から同じ方向に人が流れていくな〜と思いながら歩いていくと、みなさん目的は同じ骨董市の会場を目指していました。
なかなか人気の骨董市の様です。

場所は代官山の蔦屋書店を中核とする「代官山TーSITE」の駐車場です。
それほど広くないのですが、所狭しと沢山のお店が出店されていました。

11:00位に到着したのですが、来場者が本当に多く、見たい商品までなかなか辿り着けないお店もありました。大盛況です。

朝の開場前には、入場を待つ行列が出来ていたそうです。
皆さん久しぶりに再開された蚤の市を楽しみにしていたんですね。

代官山20沢山の来場者 年齢層も様々

代官山アンティーク家具も売られていました

大韓合山6ブリキ缶や猫のぬいぐるみ

代官山2誰かが使っていたんだろうな〜と思えるクマちゃん達

代官山4キノコのオブジェ
味があります

代官山3ヴィンテージのアクセサリーも沢山ありました

代官山14布屋さん 
山の中からお気に入りを探すのも楽しい

 

代官山5赤ずきんちゃんのカンカン

代官山5ガラスの瓶の色合いが素敵

 

代官山7雑多な感じでもオシャレです

代官山19ヨーロッパの古着も沢山ありました

 

代官山8電話やピアノ好みでそそられます

代官山18口を開けたクマがなんとも言えない表情で可愛い
シマウマも口開けてる!

クマ1青い目のクマ

クマ2アンティークベアーは沢山いました
みんな違った個性で楽しい

代官山9本当のお店の様に飾られていました

代官山10お皿やカラトリーもオシャレ

 

代官山11緑の食器もいいですね

代官山12ソルト&ペッパーディッシュが沢山!!

 

代官山13沢山のアクセサリーがもみくちゃに

代官山16お花屋さんも出店されていました

 

代官山15カラフルな宝石が沢山
あまりにカラフルすぎておもちゃみたいに見えますが、本物です
見ているだけでワクワクします

 

スポンサーリンク

 

代官山蚤の市 概要

場所東京都渋谷区猿楽町 代官山T-SITE駐車場
開催日5月と11月 年2回
時間9:00 〜16:00
出店数50店舗位
アクセス電車 東急東横線 「代官山駅」から徒歩5分
バス 東急トランセ(渋谷から)「代官山T-SITE」下車
入場料無料
主催代官山T-SITE 代官山蚤の市 運営事務局

 

購入品

真鍮指輪

真鍮指輪2真鍮でできたヴィンテージの指輪

ずっと中指に付ける大ぶりの指輪を探していました。
指輪はデザインが気に入っても、サイズが合わないとダメなので、本当に出会いだと思います。

今回もちょっと値段が高かったので、だいぶ迷いましたが、隣にいたお客さんにも、「それ良いわね」と言われ、背中を押されました。

購入してとても気に入っています。
購入しなかったら、ずっと後悔していたと思います。

アンティークは1点物の事も多いので、一期一会です。

ただ、購入して失敗と言うことも多々あるので、「よ〜く考えて買わないと」
と自分に言い聞かせています。

 

まとめ・感想

代官山17

 

蚤の市の様子

フランスをイメージした蚤の市ということで、オシャレな、ハイセンスな物を売っているお店が多かったです。
駐車場での開催なのですが、それぞれのお店が素敵にディスプレイをしてお店の世界観を作っているので、ヨーロッパの蚤の市といった雰囲気でした。

売っている物も素敵で状態の良い物が多く、値段もそれなりにしました。
雑多に並べられている物の中から、掘り出し物を見つけると言う感じよりは、素敵に飾られた物を見て吟味して買うと言う感じでした。「赤坂蚤の市」に近い雰囲気です。

「赤坂蚤の市」はこちらの記事をどうぞ

蚤の市(フリーマーケット)へ行こう!! 〜ベストフリーマーケット・赤坂蚤の市〜
国際フォーラムで開催された、「ベストフリーマーケット」と 赤坂アークヒルズで開催された「赤...

場所

代官山の駅から徒歩5分なので、アクセスは良かったです。地図を見ながら行きましたが、行った日は駅から人の流れがあったので、迷うこともなかったです。

渋谷から電車で行きましたが、バスで行くと、「T-SITE前」まで行くので行きやすそうだなと思いました。

蚤の市の開かれた代官山T-SITEは蔦屋書店の他にショップやレストラン・カフェなどが色々集まる複合施設で、敷地には緑も沢山あり、気持ちよく過ごせそうなところでした。

 

混雑具合   

蚤の市が開催された日は、11月17日(火)・11月18日(水)の2日間だったのですが、平日にも関わらず、沢山の人で賑わっていました。

見たい物があっても、人垣で中々目の前まで行けなかったり、買いたい物があっても、店の奥にあるレジになかなか辿り着けなかったりするお店もありました。

戸外なのが救いですが、結構密接していて、ちょっと心配になるくらいでした。

もちろん、入り口では検温・アルコール消毒をしていましたし、会場に入場する際マスクの着用を求めていましたので、基本的な対策はされていました。

出店数がそこまで多くないので、こんなに人気のある蚤の市だとは思いませんでした。春の開催が中止になったので、そのせいもあるかと思うとお店の方は言っていました。いつもはもう少し入場者数は少ないのかもしれません。

 

 

フランスのアンティークのメインでしたが、いつもと違った雰囲気の蚤の市で新鮮でした。
場所もいいので、是非お出かけください。これは!と言うものに出会えるかもしれません。