曼珠沙華(彼岸花)心揺さぶる紅を見に巾着田へ

曼珠沙華一面

曼珠沙華って、昔からちょっと不安にさせられると言うか、見ていると心がざわつく花でした。彼岸花とも言われているように、あの世を連想するからかも知れません。

でも、それと同時に、なんだか、とても惹かれる花。不吉なんだけど、美しいと言うような。。。心に引っかかる花でした。

関東近県で名所の、埼玉県日高市にある巾着田という所が、見頃とのことで、行ってきました。毎年、見頃は9〜10月にかけてだそうです。私が訪れたのは、2019年10月1日です。

出発!新宿から巾着田まで

巾着田へ電車で行く場合、最寄り駅は、西武池袋線「高麗駅」から徒歩15分です。

閉所恐怖症(広場恐怖症?)なので、ラッシュ前の朝早くに出かけました。でも、5時台なのに、思ったよりずっと、人が乗っていて、新宿までは座れませんでした。ビックリです。

新宿から、5分ほど歩き、西武新宿線から出発します。

【ルート】

05:46西武新宿駅 発西武新宿線 各停
06:32所沢駅 着
06:36    発西武池袋・秩父線 準急
07:00飯能駅 着
07:13    発西武池袋・秩父線 各停
07:19高麗駅 着

高麗駅からは歩いて15分ほどです。
新宿から高麗駅まで、1時間33分です。値段は新宿から566円。私鉄は安いですね。

ちなみに、所沢ー飯能を特急で行くと、1時間16分と少し短い時間になりますが、特急指定料金が400円かかります。

 

巾着田案内駅を出た所に案内板がありました

巾着田案内2途中の道にも道標が

 

巾着田まで道脇の花途中の道にも曼珠沙華

巾着田栗のきこの辺りは栗も名産だそう

巾着田橋高麗川に架かる橋にも曼珠沙華の絵がありました

巾着田入り口看板いよいよ入り口へ

巾着田地図鑑版巾着田は川の浸食によって巾着の形になったことが由来との事

巾着田周辺地図看板周辺はトレッキングできるコースも色々ある様です

駅からは案内板も所々にあったり、朝早かったのにも関わらず、高麗駅を降りた人達は、大体、巾着田に向かうので、なんとなくついて行きました。(写真に夢中になり、途中で見失いましたが、到着できました)

徒歩15分は遠い様にも思いますが、のんびりと景色を見ながら、写真を撮ったりしていると、苦になりませんでした。

曼珠沙華公園

巾着田1

到着しました〜!!
想像以上の光景。朝の光に照らされて幻想的。まだ、8時前で人もまばらです。

朝7時から入場できる様です。曼珠沙華の開花中のみ入場料がかかります。入り口でチケットを買うと、1日有効で、出入り自由との事。

カメラの三脚・一脚、ライトスタンドなどは園内では使用禁止だそうです。

巾着田入場券入場料は曼珠沙華開花中は
300円かかります

巾着田パンフレット1こんなパンフレットも頂きました

巾着田パンフレット2巾着田の地図も載っています
本当に独特の形です

巾着田2すぐ脇には河原と高麗川

巾着田3清々しい

巾着田4 真っ赤

彼岸花白白い花も
時折ポツンとありました

彼岸花茎曼珠沙華は花が終わってから葉っぱがつくそうです

巾着田6どこまでも続く
赤い絨毯

彼岸花1本「星の王子様」のバラを
思い出します

彼岸花かまきりカマキリが目線を外さず、
しばし私と睨めっこしていました

彼岸花木漏れ日が
スポットライトみたい

巾着田赤鬼駅前にもありました
魔除とか?

巾着田出店物産展
地域のいろいろな物や、食べ物屋さんも沢山出ていました

巾着田休憩所屋根付きの休憩所もあります

ドレミファ橋高麗川に架かるドレミファ橋対岸に渡ると、小高い場所に休憩できるベンチが

ドレミファ橋と階段橋を渡り、階段を登ると、休憩どころが

巾着田おにぎり物産展で開店間もないお店でおにぎりセットを買いました。まだ温かくて、ふわふわで絶品!!

 

巾着田立葵曼珠沙華の会場を出た所に立葵の様な花

巾着田栗栗も丸々と美味しそう

巾着田出店2こちらにも、こじんまりと物産展の様な出店が出ていました。ここで買ったジャムが絶品でした。

コスモスコスモス畑に行ってみると・・・?
駐車場のおじさんに聞くと、今年は気候のせいか、背も高くならず、まだあまり咲いていないとの事

コスモスアップ50センチほどしかありませんでした。これから、咲き揃うのか?今年は無理なのでしょうか?

巾着田桜のきコスモス畑の脇に遊歩道
桜の時期も良さそうです

彼岸花巾着田は上流、下流エリアがあります。下流に行ってみます。

彼岸花3妖艶

 

彼岸花と遊歩道見て回る遊歩道が広く、地形も割と平坦なので、車椅子でいらしている方もいました。

彼岸花4 見てみ見ても見飽きない

あいあいばし「あいあい橋」が見えてきました

あいあい橋2橋を渡って上から眺めている方も多くいましたが、暑さでヘロヘロ。。無理でした

彼岸花5時々観光バスも到着して、人がどっと入ってきます

彼岸花6なんて美しい花でしょう

彼岸花7曼珠沙華の群生地が、林の中なので、日陰と、木漏れ日のコントラストが余計に妖艶さを感じさせます

 

アイスこの日は暑かったので、ジェラードを頂きました。
「加藤牧場の手作りアイス」とありました。350円

アイスと彼岸花暑いので、木陰に。いちごミルク味で、ミルクがとても濃厚で美味しかったです

貝殻河原に出ると、磯の香りが。。見ると、こんなに大きな貝が落ちていました

高麗川河原が広くて気持ち良かったです キャンプも良さそう
そろそろ帰ります

露天帰り道には、あちこちの農家さんが、家の前や、畑に即売所を出していました

ジャム柚子と桃のジャムを買いました
このジャムがサラッとしていて絶品で驚きました
「こみゅにてぃーはうす楽彩」製造で、観光案内所や地元のスーパーに置いてある様です

まとめ

たまたま知って、行ってきましたが、本当に美しくて感動しました。いくら見ていても飽きない位。

曼珠沙華は、不安な、なんとなく不吉なでも、惹かれると言う印象から、今回行ってみて、ウワァ〜と叫びたくなる様な、湧き上がる様な、心が揺さぶられる感動を与えられる花、という印象に変わりました。

2019年の夏は、8月から9月にかけて猛暑が続くという例年にない気候だったせいか、コスモスは見られませんでしたが、曼珠沙華は、上流エリア、下流エリアが共に満開で、それはそれは綺麗で見応えがありました。

平日の早い時間帯に行くことができたので、朝の空いている園内をのんびりと見て回ることができて、良かったです。

日なたは、10月と言え、汗が流れるくらい暑かったのですが、林の中に曼珠沙華が群生しているので、快適で歩きやすかったです。(お昼過ぎの駅までの帰り道は暑かった〜日傘は必要!)

「曼珠沙華まつり」も開催されていて、物産展には、お店ももたくさん出ていて、楽しめました。

公園の脇を流れている高麗川の河川敷も素敵で、曼珠沙華の時期でなくても、楽しめそうでした。

魅力たっぷりの、「巾着田、曼珠沙華公園」本当におすすめの場所です。

※  2020年はコロナの影響で、曼珠沙華まつりは中止だそうですが、是非また行きたいと思います!