アイスランド ホテル

リンド写真

アイスランドには8泊しました。

最初の7泊はレイキャヴィークにある「Fosshotel Lind」

最終日1泊はケプラヴィーク空港のすぐ前にある「Airport Hotel Aurora Star」です。

Fosshotel Lind(フォスホテル リンド)

ホテルリンド外観

レイキャヴィークの中心街の外れに位置する3星ホテルです。

Fosshotelは、レイキャヴィーク市内にリンドの他、ルーダラ、レイキャヴィーク、バロンの4つの系列ホテルがあります。

予約をする時に、ホテルのWEBサイトが1番安かったので、今回は、直接ホテルに予約しました。「7泊、ツインルーム、朝食付き、直前までキャンセル無料」のプランです。確認書や、リクエストの返答も早くメールで来るので、安心でした。

ホテルの立地

立地は市内中心地域の外れくらいになるでしょうか?

公共バスのバスターミナルのフレンムル(Hlemmur)まで歩いて1〜2分の距離です。レイキャヴィークのメインストリートのロイガヴェーグル通り(Laugavegur)の東側の端までも、5分とかからなかったと思います。

元々レイキャヴィークの中心地がこじんまりとしているので、少しはずれでも、中心部まで歩いてすぐに行くことが出来ます。

おすすめポイント

1 物価の高いアイスランドの中では、比較的高過ぎない値段

7泊で、1100€ およそ132、000円位(1€≒120円 2019年9月時点)
1泊あたり、19,000円位 う〜ん。やっぱり高いか???

2 中心部から少し離れているので、静か

 近くに夜遅くまで空いている店がある

歩いて2〜3分で、24時間営業のスーパー(コンビニ)「10−11」や、遅くまで賑わっている 「フレンムルフードコート」(公共バスのターミナルに併設)もあり便利です

※ 「10−11」は便利ですが、他のスーパーに比べると値段が高めです

 ツアーバスがホテルの目の前まで迎えにきてくれる

雨風の強い日や、寒い日は、バスstopでいつ来るか分からないピックアップバスを待つのは辛いです。

 従業員が親切

英語の上手く聞き取れない私に、チェックインの時、繰り返しゆっくりと、話してくれました。また、外出時に、鍵をフロントに預けるシステムだったのですが、帰ってくると、ルームナンバーを言う前に覚えていて、鍵を渡してくれる方もいました。

 朝食が充実していて美味しい。朝食会場が空いている

7 ホテル自体は古いが、お部屋はリノベーションされていて綺麗で清潔

残念ポイント

1 シャワーを浴びるとトイレにまで水が行く

カーテンのみの仕切りで排水も弱いので、気をつけていてもトイレまで浸水してしまう。

2 バスタブが欲しい

寒い時期だったのと、せっかくお湯が温泉水なので、バスタブのある部屋をリクエストすれば良かった

3 冷蔵庫が無い

あれば、ヨーグルトやワインなど冷やして置けたな〜と。

ホテルStay

7泊という長い滞在でしたが、過ごしやすいホテルでした。

Entrance

リンドフロント2ホテルフロントです 独特のライティング

リンドロビーホテルロビー 狭いです。
奥にレストラン&Bar
ハッピーアワーもやっていました

リンドフロント1フロント横にコーヒーマシーン。
残念ながら有料でした。

リンドフロントコーヒーロビーで飲み物や軽いスナックの
販売もしてました。

ホテル廊下部屋までの廊下
少し古さを感じます

ホテル部屋入り口眺めの良い部屋をリクエストしたら
4階でした

階段階段の窓からはハットルグリムス教会が見えました

Bedroom

リンド部屋14階のツインルームです

リンド部屋2窓を背にして見ると

リンド部屋3デスクもありました
ここでご飯を食べました

リンド部屋4この椅子可愛い
毎日タオルをたくさん補充してくれました

リンド部屋5コーヒーと紅茶がありました

リンド仕様説明ホテルの細かな説明が分かりやすく書いてありました

リンド部屋ゴミ箱分別ゴミ箱
どこに行っても同じ仕分けで、分かりやすい

リンド窓から窓からの眺め。。ちょっと残念
反対側の部屋だと教会が見えたらしい

Bathroom

リンドシャワートイレとシャワーが一緒

リンドシャワー2シャワーはカーテンのみで狭い
ちょっとした物を置く棚がなく不便

リンドアメニティー3パックかな?
肌の調子が悪かったので使いませんでした

リンドアメニティー2壁に付いていたシャンプー&ソープ

リンドアメニティーシャワーキャップとプラスティックのコップ

Dining room

ホテルリンド朝食3地下1階の朝食会場です
アイスランドの風景の写真が素晴らしく綺麗

リンド朝食2いつも割と空いていて
ゆっくり食事ができました

リンド朝食新鮮な野菜やフルーツ
ハムやスモークサーモンも

リンド朝食2ヨーグルトやスキール、
チース、ジャムも

リンド朝食3ホットミールはベーコンやラムのウインナー、スクランブルエッグ、ビーンズetc

リンドパンパンの種類も豊富

リンドパン大きいパンは自分でカット

リンドパン3トースター

リンド朝食4ワッフル焼き機
自分でワッフルが焼けます

リンドパンケーキホテルのお姉さんに
教えてもらって焼いた
ワッフル

リンド朝食6ジュースや牛乳の他
コーヒー紅茶もありました

リンド朝食7茹で卵

リンド朝食8ビスケット

リンド朝食5シリアル

リンド朝食朝から沢山いただきます

リンド朝食9ランチ用のサンドイッチは
有料で作れるようです

Airport Hotel Aurora Star(エアポートホテル オーロラスター)

オーロラ外観

最終日に1泊だけしたホテルです。

次の日、朝9:30にアイスランドを出発するので、こちらの空港に近いホテルに宿泊しました。

Booking.comで予約しました。「1泊、シングルルーム、朝食付き、事前までキャンセル無料」のプランです。

ホテルの立地

アイスランド国際空港のケプラヴィーク空港からわずか100mと近く、立地は抜群です。空港近くにはこのホテルくらいしか無いので、1択でした。

空港を出ると、見える近さなのですが、空港の駐車場が広がっていて、どこを通って行けばいいのか分からず、あちこち道を探し回りました。

スーツケースを引きながら歩いて5分くらいだったと思います。

おすすめポイント

1 空港に近い

歩いて行けるので、迎えのバスが遅れるなどの心配が要らない。空港好きなので、早めに行って楽しめる。

2 朝早くから、朝食が食べられる

コールドミールは4:00 〜、ホットミールは4:30〜食べられるので、ゆっくりできる

3 少し遠いが、部屋から飛行機が見える

飛行機大好きなので、遠くても嬉しいです。

4 部屋が広く綺麗

残念ポイント

1 部屋の中が、シーツやタオルの柔軟剤(洗剤)の匂いで充満している

柔軟剤の匂いが苦手なので、キツかった。色々なホテルに泊まったことがありますが、部屋が人工的な匂いで充満しているところは初めてで、手や体に匂いがついたり、一晩寝るとパジャマに匂いが移り、次の国でも不快でした。

柔軟剤の匂いが好きな方は、いい香りの部屋となるのでしょうね。

2 立地がいいので、料金が高め

1泊シングルルームで事前払い割で182€。日本円で21,840円。事前払い割が無いと24,000円。 やっぱり高いな〜。

ホテルStay

夕方到着して、次の朝早くに出発したので、短い滞在でした。立地の良さと、部屋の匂い天秤にかけると。。。まあまあということになるのかな?

Entrance

オーロラロビーホテルロビー
右端にBarカウンター部屋でも飲めるそうです

オーロラロビーロビー
広くは無いですが、いくつかソファーがありました

オーロラ廊下ホテル自体は新しくはなさそうでした

オーロラ部屋入り口カードキーは、楽でいいです

Bedroom

オーロラ部屋部屋は広くて
スーツケースも十分広げられます

オーロラ部屋2 荷物置き場も2つあり

オーロラ部屋3 シングル予約でしたが、ダブルルームでした

オーロラ部屋3 コーヒー・紅茶がありました

オーロラ窓外部屋からの眺め 駐車場の向こうは駐機場
左の建物は空港です

オーロラ窓外5部屋の窓から飛行機をズームで

Bathroom

オーロラバスシャワーのみです
ブルーラグーンに1日行った後なので
大丈夫です

オーロラバス2 ドライヤーも強力です

オーロラアメニティーホテルのオリジナルアメニティー

Dining room

オーロラ朝食朝食会場は1Fロビーの奥にあります

オーロラ朝食2 あまり広くなく座席も近いです

オーロラ朝食3 沢山のフルーツ

オーロラ朝食4 ヨーグルトや野菜・ハム・チーズと
一通りありました

オーロラ朝食5パンも色々ありました

オーロラ朝食6朝早いのでほどほどに

まとめ

アイスランドは物価が高いので、やはりホテルも高かったです。2つのホテルに泊まりましたが、2つとも、綺麗にリノベーションしていて、清潔で気持ちよく過ごせました。

ホテルのお湯は蛇口から温泉水が出て硫黄の匂いもしました。水は冷たく水道水も美味しく飲めるので助かりました。

国民性なのか、かしこまっているわけでは無いのですが、感じのいい接客をしてくれ気分良く過ごすことができました。

またアイスランドに行くことがあれば、色々なホテルにも泊まってみたいと思います。