実践! アイスランドとフィンランドに個人手配でひとり旅 〜ホテル予約編〜

ホテルリヴォリベッド

2019年にアイスランドとフィンランドに2週間いってきました。

思い立ってから、出発するまでの計画と準備のうち、今回はホテルの予約について書きたいと思います。

前に書いた「海外旅行ひとり旅 個人手配で行ってみよう!」と言う記事の実践版になります。

今回掛かったホテル代金

今回泊まった3つのホテルの宿泊代金です。やはり、高めです。

アイスランド
Fosshotel Lind
7泊1100€(約132,000円)約19,000円/1泊
アイスランド
Airport Hotel Aurora Star
1泊182€(約22,000円)約22,000円/1泊
フィンランド
Hotel Rivoli Jardin
5泊657€(約79,000円)約16,000円/1泊
合計13泊1939€(約233,000円)約17,900円/1泊

(2019年9月レート 1€≒120円 端数・・四捨五入)

 

ホテルを選ぶ前に

まずは、ガイドブックやネットで調べて、滞在する街の主要の建物や、中心地のエリアなど、大まかな位置関係を把握します。

その街でどう行動するかを考え、泊まるホテルのエリアを絞っていきます
例えば、「市内観光」「ショッピング」「その街を拠点に、鉄道やバスで、移動して観光」「ゆっくりホテル滞在を楽しむ」などです。

ホテルのエリアが、大体決まったら、私がよく使わせてもらっているのは、Booking.comですが、こちらのサイトで、地図を見ながら、そのエリアにあるホテルをチェックしていきます。ここで、地理的なものも分かるし、ホテル代の相場も把握できます。

開いた地図のイラスト

私のホテル選びのポイント

主要駅に近い
私は、荷物がいつも多く、スーツケースでの移動が大変なので、空港からの電車やバスが止まる主要駅の近くを選ぶ事が多いです。(海外の石畳の道や、路面電車の線路の溝など、スーツケースを引っ張って歩くのは、結構しんどいです)

直前までキャンセル無料のプラン
予定を変更したくなる時や、他にもっと良いホテルが見つかる事もあるので、少々高くなりますが、直前までキャンセル無料のプランを予約します。

1万円前半で探してみる
都市の相場によって無理な事もありますが、私はホテル代はなるべく抑えて、でも、清潔で、ホテルの形式のところを探しています。(アジアなどではラグジュアリーなホテルに泊まれますよ。)無理な場合は、値段、立地、ホテルのランクなど、どこをどれだけ妥協するか、悩みます。

ホテル検索&予約

北欧は物価が高く、今回行った、アイスランドとフィンランドも例外ではありません。

1万円で探してみるものの、中心地から相当離れていたり、かなり古そうだったり。。。ちょっと無理かな〜といった感じでした。

今回は、航空券の取れた、7月5日頃からホテルを探し始め、最後のホテルの予約を決めたのが、8月20日でした。
かなり日数が掛かっているようですが、7月中に一通り予約をしていたのですが、「ホテルリンド」サマーセールが始まり、安くなったので、ホテルのサイトで予約を取り直したのです。

私は優柔不断で、気が変わりやすいのと、今回のように、値段が下がることもあるので、少し高くつきますが、やはり、直前までキャンセル無料のプランを選びます

 

アイスランド

アイスランド協会からの街並み

今回は、観光の拠点になるレイキャヴィーク と、最終日に泊まる空港近くの2ヶ所ホテルを探しました。
全てバスでの送迎だったので、バスが、ホテルの前まで来てくれる立地のホテルを探しました。

アパートや、ホステルではなく、ホテル形式のところがいいので、その中で、比較的安く、中心部からもそれほど離れていないといったホテルをいくつかピックアップしました。

泊まりたいホテルが大体決まったらトラベルコなどの旅行比較サイトで、安い価格のホテル予約サイトを探し、そのサイトに飛びます。Booking.comが安い事が多く、よく利用させてもらっています。今回も利用しました。

ホテル予約サイトでは宿泊の条件、例えば、キャンセル可能か、部屋の種類(シングル、ダブルなど)、朝食がついているか、など調べます

最安値で載っているのは、大体「キャンセル不可」、「朝食なし」、などのものが多いので、自分の条件に合うプランで、1番安いサイトを探します。

物価の高い国では、税金もあって、外食が特に高いので、朝食がついているプランにする事が多いです。(アイスランドでは絶対条件に入れました)

色々検索していると、空港近くのホテルが、1カ所しかないことに気づき、先に予約をしました。「Airport Hotel Aurora Star」(エアポートホテルオーロラスター)で、空港まで歩いて5分くらいです。

レイキャヴィーク のホテルは、Fosshotelという系列のホテルがいくつかあり、どれも比較的安くて、綺麗で、口コミも良かったので、その中で選ぶことにしました。

立地によって多少値段が変わるものの、それほど大差はないかな?と思ったのですが、内装が北欧っぽく可愛かったのと、ホテルの人が親切ツアーバスが、ホテルの目の前まできてくれると言うのが決め手になり「Fosshotel Lind」(フォスホテルリンド)に決めました。

ホテルのレビューは「アイスランド  ホテル」と言う記事で写真と共に細かく書いています。

フィンランド

フィンランドかもめ

フィンランドのホテルも、Booking.comを利用しました。今回フィンランドは、ヘルシンキの町歩きを中心に考えていたので、中央駅の近くで考えていたのですが、値段が高めで、少しずつ距離を広げていきました。すると、今回泊まった、「Hotel Rivoli Jardin(ホテル リヴォリジャルダン)」が、比較的に安く、評判も良かったので決めました。

中央駅から徒歩10分位で、なんとか歩けるかな?と思ったのと、港や、観光スポットの大聖堂にも近くメインストリートからもちょっと入った所だったので、町歩きにはいい立地と思って選びました。

ホテルの立地は、観光にはとても良かったのですが、駅からスーツケースを引いての移動が私には無理した。
今回2カ国なので、荷物がとても多くて重くて、、、歩き始めたのですが、トラムの線路の溝にはまってトラムにクラクションを鳴らされ、「もう無理だ。。。」と諦め、引き返してタクシーに乗りました

次回からは、やはり、駅からの距離しっかり考慮したいと思います。

まとめ

今回のホテルは3つとも、直前までキャンセル無料で、朝食付きのプランで、選びました。

ホテルも、安かったり、人気のあるものは早く埋まってしまうので、早めに予約をした方がいいです。

残りの部屋数が少ない時は取り敢えず、予約してから、他にいいホテルがないか探す事もあります。キャンセル無料のプランでも、いくつも押さえで、予約してしまうと、ホテルにも、ホテルを探している人にも、迷惑をかけるので、早めに決めて、キャンセルするようにしています。

ホテル選びは色々な条件のうち、何を選んで、何に妥協するか、難しいところです。
奮発した高いホテルが良くなかったこともありましたし、本当のところは、行ってみないと分からないとは思います。でも、旅行中快適に過ごしたいので、ホテル選びには、これからも時間をかけていくと思います。

 

海外旅行
スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ  





ブログランキング・にほんブログ村へ  



moriをフォローする
instagram
骨董市の戦利品
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

 

お出かけphoto
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

mori ブログ